ピアノが弾けないと保育士になれないのだろうかと不安に思っていらっしゃる方も多いようですが、

実際にはピアノを苦手としている保育士さんもいらっしゃり、必須の条件ではありません。

保育士試験ではピアノがありますが、簡単な童謡が弾ければよく、片手だけしか引けない保育士さんもいらっしゃいます。

昔は習い事でピアノを選択する人が多かったですが、今はそれ程人気のものでもなく、多くの方が保育士さんを目指すに当たって初めてピアノやオルガンの練習を自主的にしたという方です。

ピアノ以外の楽器を使うのもアリ

もしあなたが得意とする楽器がピアノ以外にあるのであれば、それを使った授業をするのも良いでしょう。

子供達と一緒に楽しく歌う事が出来れば良いので、必ずしもピアノでなくてはならない理由はありません。

逆にフルートやギターなど、普段子供達が目にしないような楽器を見せてあげる事は、良い経験や刺激になりますので、積極的に授業や行事で使ってあげると良いのではないでしょうか。

歌は上手くないと保育士になれない?

こちらもピアノと同じで上手い必要性はありません。

勿論人前では恥ずかしくて声も出せないとなると、保育現場で困ってしまいますが、子供達と一緒に楽しく歌えればいいので、技術よりもむしろ、元気で明るく楽しく歌う気持ちが必要でしょう。

何より努力する気持ちや姿勢を持つことが大事

仮に今はピアノが弾けない、歌が歌えなくても努力をすれば技術を向上させることが出来ます。

子供達も最初はあまり上手では無かった先生が、上達していく様子を見れば、自分も出来るようになりたい!など新しい感情を持ってくれるのではないでしょうか。

子供達は保育士さんの事をよく見ています。

上手い下手を気にするのではなく、子供たちの良いお手本となるような行動を見せられるように、日頃から意識してみてください。